乳酸キャベツについて

ここ最近TVやインターネットで話題にもなっている乳酸キャベツというお漬物が気になり、調べてみました。

キャベツの葉の表面についている乳酸菌で発酵させるお漬物だそうで、
材料は塩、きび砂糖、好みのスパイス(クローブリーフ、とうがらし、粒胡椒など)というとてもシンプルなものです。

植物性乳酸菌は胃酸などの消化液にも強いため、腸内環境の改善にとても効果があるようです。
また、キャベツに含まれる健康成分が
胃腸を健やかに保ち、ガン予防にも役立つとのことです。

ビタミンやミネラルもたくさんとれそうなので、早速漬けてみました。

ジップロックなどの清潔な袋に入れて空気に触れないよう密閉し、おもしの代わりに2Lのペットボトルを1本乗せて
常温で2?3日放置します。
袋の中の水分の色が濁り、泡立ってきたら発酵が進んでいる証拠です。

順調に発酵が進み、3日後袋を開けてみると酸っぱい匂いがして無事完成しました。

今回使ったスパイスはとうがらしとクローブリーフです。
辛味やクセはほとんどなく、なんにでも合う美味しいお漬物が完成しました。
美容と健康のためにも、これから常備していきたいと思います。