私の趣味について

大人になっても変わらずに好きなことってありますよね。
人によって違うかもしれませんが、きっと誰でもあるはずです。
漫画が好きな人は今でも、好きな漫画を集めているかもしれないし、
子どもの頃から野球をしている人は今でもバッティングセンターに行くかもしれません。
そんな趣味、私の場合は好きなアイドルを追っかけることです。
追っかけると言っても、アイドルの追っかけをしているわけではありません。
そのアイドルが今日はどんなテレビ番組にでるか情報を追うのが好きなんです。
昔はジャニーズ事務所のアイドルが好きだったのですが、今ではもっぱら韓国のアイドルグループが好きなんです。
中でも日本でも最近大人気の防弾少年団が好きなんです。
ちなみに防弾少年団の中でも末っ子のグクという男の子がお気に入りです。
最近彼らは韓国でCDをリリースしたんです。
リリースをすると彼らはとっても忙しく活動をします。
そのテレビ番組のチェックや雑誌のチェック、イベントのチェックなどをします。
それが結構楽しくてずっと続けています。
彼らの魅力はビジュアルももちろんですが、歌がとってもうまくダンスも一流であることです。
アイドルグループという枠組みでみるのではなく、いちアーティストとして見てもおかしくないくらいのクォリティなんです。
これからの成長も楽しみなグループです。

デイジーラックを見て思ったこと

昨日、「デイジーラック」というドラマを見ました。
小学校の友達4人組がそれぞれの人生を歩み、定期的に女子会を開くドラマです。
自分も、それぞれ境遇は違えど集まれば違った世界が見えて面白いと思って昔の友達と接していましたが、やはり家庭を持っていてもそうでなくても、相手には自分にない部分が必ずあるのか、気付くと喧嘩などになってうまくいかないことが多かったので、現実的には難しいと思います。
良くないことをしたと思って謝ったこともありますが、なかなか今までというわけにはいかないのが切ないです。
喧嘩しても謝ったり、思ったことを相手の為に言いあえるところが、このドラマの羨ましい所で、原作者もお話しの中ではほんわかして欲しいと思って考えたお話なのかもしれません。
ドラマの中には、失業して彼にも振られて、好きなことをしようと思ってパン屋で働きだした主人公や、自分の店を開きたいけれど何が足りなくてうまくいかないのか、一人で悩むミチルが今の自分にそっくりだと思います。
仕事に燃えていて、恋愛となると相手に尽くし過ぎたり、あれこれ相手のことが分からないと気が済まない薫は、昔の自分に似ているから、憎めません。
メンバーで唯一、家庭に入ったえみちゃんも、理想の自分だったので、自分に置き替えて物事を考えてしまうから、それもドラマの面白いところです。

見た目もいいよね

最近ラザニアロールと言うのが流行ってるらしいです…
パーティとかで出すと豪華に見えてテンション上がるラザニアだけど取り分けると崩れちゃうのが難点!
なので最初から巻いて焼いちゃうという事です☆
言われてみれば成る程アイディア!
最近ラザニアにはまってるんだけど取りづらいって思ってたもん(笑)
ヌードルメーカーでラザニアアタッチメントを買ったから生地作りが簡単なんだよね☆

試しに作ってみた?
パーティじゃなくて夫婦で食べるってのがちょっと寂しいけど…
具をたっぷりと巻いてからグラタン皿に入れて焼くんだけど思ったより難しいんだな
でも可愛くできました!ラザニアの色とか変えたりしてもいいかも?
女子会する時に作ってみよう!

出会い系サイトって…みんなやっているのかな

久々に彼氏とのデート。あまり大きな声では言えませんが、結ばれない恋愛を私たちはしています。そんなこんなでデートが終わった夕暮れ時。助手席に転がして置いた、携帯電話が震えました。彼の仕事の電話かな?と携帯をチラッと見ると携帯電話の震えが止まりました。メールか…振動回数が短い時は、メールなのでした。車をコンビニに停めて、携帯電話を開くと待受画面に「新着メールあり」の文字が浮かんでいました。誰かな…?メールを確認すると、メールは、出会い系サイトから転送されて来た、いわゆるサイトメールの受信でした。もしかしてやっているのかな・・そんな不安も抱きながらデートは終了してしまいました。出会い系サイトって…みんなやっているのかなぁ。

今日のご飯。

今日は11時頃まで寝ていて起きてから朝ご飯兼お昼ご飯を食べました。
お母さんが作ってくれた手作りのビビンバの残りが冷蔵庫に入っていて食べたいと思っていたので食べました。
とても美味しくて全部食べてしまいました。
それに半熟卵をのせると美味しいので自分で電子レンジで半熟卵を作ってのせて食べました。
夜ご飯は大好きな西友で販売されている中華丼を食べました。
それに同じく西友で買ってきたサラダ、フライドチキンとお母さんが作ってくれた卵スープを食べました。
大好きな食べ物を食べれて幸せな夜でした。
大好きな食べ物をお腹いっぱい食べるととても幸せな気持ちになります。
今日もとても幸せな気持ちになりました。

介護職に向かない人の特徴とは?

今最も人手不足とされている業界、仕事が介護業界です。
特に都市部では顕著な傾向にあり、求人広告を出したところで応募が一切ないというようなこともよくあります。また、全国くまなく介護事業所はあるため、どこの地域でも求人はあるでしょう。
そのため、採用されやすい仕事という側面もあります。しかし、やはり向いている人、向いていない人の差が激しい仕事とも言えます。あなたが介護職 辞めたいと思ってしまう前に、介護の仕事に向いていない人の特徴を知っておきましょう!

人が好きではない(特徴1)

介護の仕事を一言で表すと、対人サービスということになります。
多くの人と接することになり、そこでサービスを提供することが業務の中心であり目的です。
相手があってのことですので、人と接することが好きではない人には当然向いていません。
また、無理して繕おうと思っても仕事をする本人にとっても大きなストレスになって続かないはずです。

コミュニケーション能力に欠ける(特徴2)

人と接すること自体は好きであったとしても、相手とのコミュニケーションがうまく取れなければやはり介護の仕事はできません。
相手が何を望んでいるかを正確に汲み取り、それに対応していく力が求められますが、また利用者は高齢者が中心となります。年齢が上がれば上がるほど、また要介護度が高くなればなるほどコミュニケーションが取り難くなるという特徴があります。
意思の疎通がうまくいかないと、利用者の方からの苦情などにもつながりかねません。

勉強熱心ではない(特徴3)

介護の仕事は経験と知識がモノを言います。ただ、一度習ったことで対応できるかというと決してそうではなく、常に技術、情報等新しいものが出てきます。
いつまでも古いやり方や自己流ではできません。決められた研修も多くありますし、何よりも資格を取得してスキルアップし、キャリアを形成していくというモデルがあります。
それができないといつまで経っても成長することができませんし、職場としても勉強することが求められているので居場所がなくなってしまいます。

コンプライアンス意識に欠ける(特徴3)

介護の仕事は主に介護保険法令に基づく、保険給付です。
全国どこでも同じ質を担保したサービスを行う、保険料を使ってサービスを行うなどの理由があるからです。
そのために、法令で決められていることが非常に多くあります。法令遵守の精神がなければ、最悪行政指導という形での処分などに繋がってしまいます。

豊洲市場に移って

東京、築地市場から豊洲市場に移って一週間以上になりました。当初は道路も混雑していて大変だったようですが、すぐに混雑も解消しましたね。すぐに慣れて対応していく働く人の柔軟性を感じます。

83年の歴史ある築地ブランドが出来たのはそこで働く人の力、卸や仲卸などすべての人のおかげですね。築地が歩んだ功績をそのまま豊洲市場に持っていけるといいですね。

移転してから、競りの様子も見れるようになったのでしょうか。見学もできるようになったんですよね。行ってみたいです。飲食店にものすごい列ができているのをテレビで見ました。今までターレで移動していた人が、ミニバイクみたいなもので移動していました。小回りがきいて移動しやすいようでした。

魚の色がLED電気の関係で違って見えて、目利きが上手くできないという話題もありました。改善していくことは沢山あるんでしょうね。これから年末にかけてますます忙しく活気が出るのでしょうね。休みの時に出掛けてみようと思います。

ジュリーのコンサートドタキャン騒動に思うこと。

歌手の沢田研二さんの全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を、開催直前に中止しました。ドタキャン騒動のニュースを聞いて、せっかく楽しみにしていたファンの皆さんの気持ちをどう思っているんだろうか、7000人のファンが来ているのに、少しわがままなのではないかと思いました。私がもし、その場にいたのなら、わざわざ仕事も休んで高い交通費も払って来たのにどういうつもりと、怒っているところです。

しかし、沢田研二さんの取材の様子を見ると、自分のポリシーというか、沢田さんは「意地」という言葉で話されていて納得することもありました。50年もの間、第一線で歌ってこられて、歌手としての意地、プライドがあるんだ、ソロになった時から曲げられない生き方があるのだと話を聞いていて思いました。

契約上の問題が発生したとのこととは、動員数の確保を前提に話あわれていたのに、9000人と聞いていたところ、実際は7000人くらいの動員数で、客席の一部が潰されていたことなどから話が違うと、自ら中止したそうです。常日頃から、イベント屋には「ライブをやるなら客席いっぱいにしてくれ。それが無理なら断ってくれ。」といっていたそうです。表現者しかわからない何かがあるのでしょうね。

平野美宇選手の成長がすごい

リオデジャネイロオリンピックに選手として出場できなかった平野美宇選手。相当悔しい思いをしたことでしょう。その後の試合で伊藤美誠選手にも勝ち、今回は卓球アジア選手権女子シングルスで中国の強豪3選手にも連取し、見事優勝するなんてすごいです。それにあのインタビューの応え方は、聞いていて気持ちいいです。「みんなライバルだから、おめでとう!とは言ってもらったけれど、本当の気持ちは…」ニコニコしながら言っていたけれど、きっと彼女自身が今までそういった感情を抱きながら過ごしてきたのでしょう。攻撃性を持ったスタイルに平野選手のプレースタイルを変えたのが、今回の勝因といわれています。中国でトレーニングを重ね、今回の攻撃スタイルを実践できたのですね。21年振りの快挙に日本女子卓球界は喜んでいることでしょう。今度は石川佳純選手とダブルスを組むようになるとか聞きました。最強かもしれませんね。まだまだ日本には実力ある卓球選手が大勢いるので、みんなこれからも力をつけていき、東京オリンピックにはだれが出場できるのかわかりませんが、若い人の成長ぶりが楽しみです。

シルバニアファミリー

今、テレビにシルバニアファミリーの特集がやっていて、懐かしい気持ちになりました。女の子なら幼い頃おもちゃ屋さんなどで見ていた人もけっこういるかもしれませんね。
私はウサギの家族を集めていました。ひとつひとつの部品が細かいし散らかりやすいために親はあまりいい顔をしませんでしたが、それでもコツコツと集めていました。キッチンセットや食べ物なんかは特に精巧に作られていて、子供ながらに感動しました。でも、高いんですよね。ウサギの家族のお家に車に、幼稚園になんて揃えたら、子供のおもちゃにしてはかなりいい額になるはず。お家が欲しいとタダをこねたけど買ってもらえず、器用な父がベニヤ板で家を作ってくれたことを覚えています。既製品とは違う温かみが嬉しかったです。
大人になってからも、食玩や細かいおもちゃが大好きで、今でもたまに購入しています。お人形遊びはさすがにしませんが、ガラスケースに綺麗に並べて大人ならではの楽しみ方をしています。